2019年11月29日

知らないとソンする!?今っぽウェディングのために花嫁さまがやっていること3つ

せっかく結婚式を挙げるのだから、センスよくオシャレに仕上げたいですよね。そのためには、どんなことに気をつければいいのでしょう? おふたりの結婚式会場を、今っぽく素敵に見せるために押さえておきたいポイントをご紹介します♡

現役プランナーに聞いた最旬ウェディング

今、オシャレな結婚式を挙げている新郎新婦さまたち。彼女たちがどんなこだわりを持って結婚式を作り上げているのか、気になりますよね。そこで現役ウェディングプランナーさんに、オシャレだと思った結婚式の準備で印象的だったことをリサーチしてみました。

 

「ウェディングドレスなどの主役級アイテムのほか、ゲストの印象に残りやすいもの……例えば招待状や席札、ウェディングケーキなどにこだわりをお持ちの新郎新婦さまが多いように感じます。結婚式会場をコーディネートする部分に、妥協なさらないことがポイントかも知れません」(K・Kさん/東京都・ゲストハウス)

 

「新郎新婦さまご本人に『こんなイメージのウェディングにしたい!』という明確なイメージがあって、それと同じものを!と徹底的に下調べをなさっていますね。自分が納得できるアイテムをご自身で手配したうえで、お持ち込みをなさる方も多いです」(R・Mさん/愛知県・ゲストハウス)

 

以前にもご紹介したように、オシャレなウェディングを作り上げている新郎新婦さまたちは、ご自身のイメージにピンと来たものをしっかり形にする努力をなさっているようです。とはいえ、結婚式で準備しなければいけないアイテムは膨大な数……。具体的にどんなアイテムに注目すれば、今っぽくオシャレなウェディングを叶えられるのでしょうか?

 

 

▼関連記事▼
「オシャレ」は作れる!?センスがいい先輩花嫁さまに学ぶウェディングのコツ

 

 

押さえておきたいポイントはたった3か所!

「センスのよいウェディング」と聞いて思い浮かぶのは、ウェディングドレスや会場装花、ウェルカムグッズなどではありませんか? でも実はこれらは、センスというより「自分らしさ・おふたりらしさ」を重視したほうがよい部分。自分をもっとも美しく見せてくれるドレスや、その姿をより華やかに演出してくれる装花、思い出のアイテムなどを用いるのが正解です。おふたりらしさをプラスすることで、特別な思い出になるのはもちろん、ゲストの方々にもあたたかみのある1日を過ごしていただくことができますよね。

また衣裳や装花は予算を大きく左右します。極端な背伸びをせず、おふたりが実現できるウェディングをきちんと話し合ったうえで準備を進めていきましょう。

 

次にご紹介するのは、自分らしさやおふたりらしさを演出したうえで、さらに印象的な空間づくりをするために必要なポイントです。

 

①ペーパーアイテムDIY

冒頭のウェディングプランナーさんのコメントにもあったとおり、ゲストの方々が必ず目にするもの、直接手に取るものにこだわるのが◎! 中でも招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムにこだわると、これから始まる結婚式への期待値が高まりますよね♡

例えば「zazzle」というウェブサイトを利用すると、とってもオシャレな招待状や席札が作れます。商品は自由にカスタマイズでき、思い通りのデザインにアレンジすることが可能です。アイテムは海外から発送されるので、スケジュールに余裕がある場合にのぞいてみるのがオススメです。

 

 

②ケーキトッパーの通販

ゲストの視線が集中し、最大のシャッターチャンスになるケーキ入刀の瞬間。新郎新婦さまの笑顔に注目が集まるだけでなく、豪華なケーキにもゲストはワクワクしています。おふたりの思い出になる最高のシーンであり、たくさんの人たちのカメラに残される場面だからこそ、細部にまでこだわることが大切なのです。

今、注目を集めているのが「ケーキトッパー」。ケーキのデザインに合わせて、おふたりが気に入ったものを通販で手に入れる新郎新婦さまが増えています。オリジナルデザインを注文するというこだわり派も! 「Vanilla Chic」というウェブサイトが人気です。

 

 

③新郎様への「ありがとう」

最後にご紹介するのは、アイテムではなく演出のひとつ。披露宴の最中に、新婦さまから新郎さまへ、サプライズをするのがトレンドです♡

特に人気なのが「ありがとうプレート」。新郎さまに『お嫁さんにしてくれてありがとう』というメッセージを添えたデザートプレートをお出しします。突然のハッピーなメッセージの登場に、会場は盛り上がること間違いなし♡ あたたかな祝福のまなざしが空間にひろがり、空間そのものに思い出がきざみこまれます。興味がある新婦さまは、ぜひウェディングプランナーさんに相談してみてください。

 

 

まとめ

今っぽく、センスある結婚式を作るポイントをまとめてみました。自分らしさやおふたりらしさも大切にしながら、妥協のない1日を作りあげてくださいね。